自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポセイドン・アドベンチャー」をテレビで何度も観た世代として、リメイク版の「ポセイドン」がどこまで本家に迫れるか期待しつつ、川崎CINECITTAで観てきました。
ワールドカップ効果」もあってかガラガラで「大スクリーンに少人数」と気分良く観ることができました。



観おわった感想は本家と遜色ない出来だと思います
本家は「人間臭さ全開」のところがありましたが今回は「スケールの大きさ」が目立ちました。

ポセイドン号の転覆シーンなどはホント迫力がありました。
これはDVD等では味わえない大スクリーンだからこそ味わえるものだと思います。

ストーリーはポセイドンアドベンチャーを観ているだけに、実質『ネタバレ』の感はあり、新鮮味に欠けますが、映像の迫力を評価したいと思います。

パンフレット 評価:★★★★(出演者のインタビューあり、写真も割と多め)
価格600円 24ページ 縦



参考:
ポセイドン@映画生活

作品の評価:
ポセイドン (映画DVDレビュー色即是空日記+α)
ポセイドン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
『ポセイドン』2006・6・4に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いやー、気持ちいいくらいにパニック映画でした!! タイタニックが嫌いな私にはこういうののほうがいい。 人物の背後関係も津波のわけも ばっさりと斬捨御免!あ...
2006/06/21(水) 03:00:30 | 色即是空日記+α
'72年製作パニック映画の『ポセイドン・アドベンチャー』をウォルフガング・ペーターゼン監督がリメイク。最新の映像技術を駆使しているだけあって、大波にのま...
2006/06/20(火) 01:19:39 | もじゃ映画メモメモ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。