自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOHOシネマズ川崎の先行レイトショーで「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を観てきました。




観終わった第1印象はホントに全米で興行収入1位を取り続けた作品なのか?と思いました。
平易なストーリーで大した見せ場もなく、映像化にあたって過度の演出を制限されているのでは?と勘繰りたくなりました。
戦闘シーンも実写部分が中途半端ですし、意図的に「第1章」らしく「抑え目の作品」にしているのかもしれませんが、「第7章」まで先が思いやられます。
個人的には「第2章」以降の巻き返しに期待したいところですが・・・・。
それと最後まで違和感を感じたのが、フォーンのタムナスですね。半身半獣のフォーンなのであの格好でしょうがないといえばしょうがないのですが、強烈な違和感を感じました。

今回はライオンのアズランが実質の主役と見たほうがいいんでしょうね・・・。
声は「エピソードI/ファントム・メナス」のリーアム・ニーソンが担当していましたが、声だけでも存在感はありました。兄弟の中では最初に「タンス」に入ったルーシーが一番存在感があったと思います。
そういえば、観終わったあとで「白い女王」がコンスタンティンに出ていた大天使(ティルダ・スウィントン)だったことを思い出しました。
彼女は悪魔系の役がハマリ役になりそうですね・・・・。
今後もいろいろなSFX映画に出てきて欲しい存在です。

パンフレット 評価:★★(珍しく目次がついています。写真は豊富です。)
価格700円 41ページ 縦




参考:
goo映画 映画 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 』 特集
ナルニア国物語 ライオンと魔女@映画生活

作品の評価:

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんばんわ!!超、久しぶりに昨日、ツタヤに行きました。12月にDVDをなくしてしまい、その損害賠償金として、30000円を払って以来、「もう...
2007/05/17(木) 06:45:58 | 日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。