自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バットマンシリーズはすべて見たというわけではなかったのですが、バットマンビギンズはバットマンシリーズの「原点」ということで、楽しみな作品でした。




ストーリーは敵役との対決よりは、バットマンが普通の人間ブルース・ウェインからヒーローに脱皮していく姿に焦点を当てたように思いました。主役のクリスチャン・ベールもピッタリだと思います。

クリスチャン・ベール1人だけだとスパイダーマンと変わりないパッとしない映画になっていたのかもしれませんが、それを補って余りある脇役の豪華さで、モーガン・フリーマンマイケル・ケイン、クワイ=ガン・ジン役でおなじみのリーアム・ニーソン、ブレードランナーのルドガー・ハウアー、ラストサムライの渡辺謙という布陣で、特にモーガン・フリーマン、マイケル・ケインは出てくるだけで作品に安心感、重厚感を与えていたように思います。
2時間超えの作品は見ている途中でダレてくることもありますが、この作品は集中して見られました

興行的にも、この後、宇宙戦争、エピソードIIIと控えてるだけに、今の時期から公開したのもよかったのではないでしょうか?
次回作以降の展開は読めませんが、このキャストなら継続しても面白いと思いますし、期待できるのではないでしょうか?

最後に不思議に思ったのですが、スパイダーマンといい、バットマンビギンズといいヒロインがイマイチなのは、コミック系の作品のお約束なのでしょうか?よくわかりません・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。