自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開初日にレモニー・スニケットの世にも不幸な物語を見てきました。
展開は家と両親を火事で失ったボードレール家の3人の子供たちに次々と災難が降りかかるというものなのですが、子供たちとジム・キャリーとの最初の対面でだいたいの展開が見えてしまった
子供向けの物語のなので、わかりやすいといえば、それまでなのかもしれませんが、オラフ伯爵がドジなキャラクターなので、子供たちが窮地に追い込まれていっても、「不幸な物語」にはなりきっていないような印象を受けてしまいました。




ジム・キャリーはもちろんのこと、キャストはよかったので、次回作以降の展開に期待したい と思いますが、映画のタイトルも一見地味なだけにどうなりますことやら???

今のところは、 ポーラーエキスプレス > ハリー・ポッター >> 世にも不幸な物語 ということにしておきます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。