自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から、「CINEMA」のカテゴリを追加して、実際に見た映画のことをいろいろ述べてみたいと思います。




まずは、先週水曜日にシネカノン有楽町で見たパッチギ!から・・・・。


ストーリーなど映画情報は、公式サイトに譲るにして、上映時間の間、飽きさせない作品です。

「ゲロッパ!」の時もそうでしたが、関西人の何気ない会話がたくさん盛り込まれていて、かつ、その会話の内容は関西に長年住んでいないとわからないような面白さがあります。周りの人は聞き流しているけど、一人だけ何故かウケていると状況が何度かあったりして、関西以外の映画館で見ている関西人は周りの人よりちょっと「優越感」に浸れるそんな映画です。
(パンフレットにそういう関西人の何気ない会話の「解説」があるくらいですから・・・。)

東京都内ですと、シネカノン有楽町水曜日は1人1000円でリーズナブルに見られるので、お勧めです。

最後にこの映画を見て、20数年の歳月を経てわかったことが一つあって、それは、学生のころによく冗談で言った「なめとんのか?おまえ、いっぺんパチキ入れたろか?」の「パチキ」が実は「パッチギ」と「同じ語源」だったことでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。