自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく「007/慰めの報酬」を観てきました。



前作・カジノロワイヤルは007シリーズの新機軸と言った感じで期待以上だったのですが、慰めの報酬はカジノロワイヤルの後編と言った内容でした。念のため、「復習」で前日にブルーレイで「カジノ・ロワイヤル」を観たのですが、観ておいたおかげで、すんなりと入っていけましたし、登場人物で「???」となるようなこともありませんでした。やはり、前作を観ておいたほうが本作を楽しめると思います。

冒頭から過激なカーチェイスで懐かしの女性とボンドのシルエットで構成されたオープニングタイトルで一息つくもボンドが画面狭しとアクションを繰り広げていきます。ただ、「カジノロワイヤル」のほうが、展開が二転三転した分面白かったように思います。
また、今回の敵役、ドミニク・グリーンはル・シッフル以上に『大物感』がなかったのが残念でしたが、さらに大物が控えていると思って、次回作に期待したいと思います。個人的には、「ヒットマン」同様、オルガ・キュリレンコが一見強がりだが実際はか弱い女を好演していたのが印象的でしたし、「M」のジュディ・デンチ、窮地を救ってくれる「CIAエージェント・フェリックス・ライター」ジェフリー・ライトが相変わらずいい味を出していたと思います。あと、本作と前作の2作を通して思ったのは、過去のボンドはどことなく風貌から「優しさ」を感じたのですが、「ダニエル版ボンド」が一番冷徹そうな印象を受けました。

パンフレット 評価:★★(必要以上にデカいし、高い!)
縦 800円



参考:
007/慰めの報酬 - goo 映画
007/慰めの報酬@映画生活

作品の評価:
「007/慰めの報酬」(固ゆで卵で行こう!)
007/慰めの報酬(2ちゃんねる映画ブログ)
マーク・フォースター監督「007/慰めの報酬」(★★★)( 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督 マーク・フォースター 出演 ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック 007がダニエル・クレイグにかわってから、映画が突然おもしろくなった。映画が原点に返った。つまり、活動写真に。ともかく動く。カーチェイスや水上でのボートチ
2009/03/18(水) 17:29:25 | 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。