自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さっそく公開初日に、ブラインドネスを観てきました。



観るまでは、たまたま予告編でやっていた「感染列島」のようなパニック映画だろうと推測しましたが、まったく毛色が違っていて、ある意味SAW(ソウ)シリーズよりエグい「密室劇」でした。
イメージとしては、「バベル」(多国籍)と「ミスト」(密室劇の一面)を足して2で割ったようなそんな感じでしょうか。

極限状態に追い込まれた人間集団の心理を緻密に描いていて、個人的には観た後、人間の集団がこういった極限状態の状況に陥ったときにとる行動としては、まったくありえない話ではないと思い、暗澹たる気持ちになりました。

そういった「密室劇」の後半以降、「このシーンいるの?」っていう感じのシーンが続き、若干ダレ気味になりますが、観終わった後、ネットやパンフレットを見ると、そういったシーンの意図も理解できました。そういう意味でひとつひとつのシーンにおいては、ちょっとわかりにくい部分もあるのかなと思いますが、ひとつひとつのシーンが丁寧に撮られていたという見方もできるでしょう。パンフレットを見ると「ナイロビの蜂」の監督ということを知り、納得がいきました。

パンフレット 評価:★★★(出演者・監督ロングインタビューあり。900円はムダに高い。GAGAさん、パンフレットで儲けようとしていない?)
縦 900円



参考:
ブラインドネス - goo 映画
ブラインドネス@映画生活

作品の評価:
#304 『ブラインドネス』(伊藤Pのブログ)
裏#67 『ブラインドネス』ネタバレ解釈編(伊藤Pの部屋) [ネタバレ注意]
ブラインドネス(北浦和映画劇場)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが…今チャレンジ中(?)の松本清張生誕100
2009/07/25(土) 00:31:18 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
 今年も残るところあとわずか、72本目ブラインドネスを観てきましたが、今年はあと何作観られるか・・・。さすがに80本は無理だなぁ~。
2008/12/20(土) 16:19:00 | よしなしごと
今日も必殺プランBで、朝から映画を観ることにしました!
2008/12/07(日) 21:29:38 | My Favorite Things
年末の月末~月初っていうこともあってか、ここ最近仕事が忙しめでなかなか映画館にも足を運べずにイライラが募ってきたので、今日は仕事が終わったら新宿ピカデリーで『ブラインドネス』を観てきました。GAGAさんでポイント交換でもらった前売り券も持ってたし、早めに観よ
2008/12/03(水) 11:12:20 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制隔
2008/12/01(月) 17:32:33 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
今週の週末ナイトショウは・・・今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。
2008/12/01(月) 02:52:36 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説『白の闇』を映画化した パニックサスペンス。ある日、車を運転中の日本人の男性が突然、目の前が真っ白になり視力を 失う事態に見舞われる。男性は眼科で検査を受けるも原因は不明。 しかし彼に接触した人間も同様の症状に見舞わ
2008/11/25(火) 23:11:38 | だらだら無気力ブログ
【42-20-】 当社にもいろんな影響がある西宮ガーデンズ、グランドオープンは11月26日(火)やけど、実は地域の人にだけこそっとお知らせして、11月21日(金)からプレオープンしているのです。というわけで、いったいぜんたいどうんな風になっているのか、見に行きがてら、
2008/11/23(日) 20:59:32 | 労組書記長社労士のブログ
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作!『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。いよいよ来月公開
2008/11/23(日) 18:41:58 | 我想一個人映画美的女人blog
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩序
2008/11/23(日) 16:41:38 | 勝手に映画評
   = 『ブラインドネス』  (2008) =ある日、車を運転していた日本人の男(伊勢谷友介)が、突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た医者(マーク・ラファロ)によれば、眼球に異常はなく、原因は不明だった。その後、同様の患者が各
2008/11/23(日) 16:35:17 | 今宵、サムソン・マスマスラーオの映画館で
☆私は、パッと見で似た作品イメージであるシャマランの『ハプニング』にも、なかなかの高評価を与えた者であるが、 いかんせん、所詮は、この『ブラインドネス』の前座でしかなかったようだ。 『ブラインドネス』・・・、物語の中盤、この下腹部に鬱積する暗澹たる未来へ
2008/11/23(日) 15:42:09 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
「白い闇」と称される突然失明する謎の伝染病によって人々が極限状態に追い込まれるパニック・サスペンス。
2008/11/23(日) 05:04:45 | 未完の映画評
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。