自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)
Recommended by 尼崎OSよ永遠なれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開初日にさっそく「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観てきました。



前2作同様、終始一貫軽いノリでテンポよくあっという間の三時間でした。
テンポよくトントントンと進む分、前2作であかされなかった部分や後のエピソードの『伏線』となるような台詞がさらっと出てくるので、集中してみないと最後までついていけなくなるので要注意です。
前2作もそうだったように、ストーリー的に「???」というところも多少ありますが、こういうノリの作品だと割り切って観れば、多少の無理筋も許容できます。

後半、ジャックの「素の部分」が垣間見えるのが、「こいつ、実はいいやつなんだ」と思えて、個人的にはよかったです。

あと、マナーとして、映画はエンド・クレジットがすべて終わって、場内が明るくなるまで、席を立たないようにしましょう・・・(^^)→「待てば海路の日和あり」
「4」もあるかどうかはっきりしてませんが、これも「待てば海路の日和あり」ということで・・・。

パンフレット 評価:★★★(少々値段が高いが、監督や出演者のインタビュー記事あり。前2作のおさらいもあり、副読本にお奨め。ただし、ストーリーの部分がネタバレで最後まで書いてあるので、上映前に読まないほうがよいでしょう。)
価格700円 縦



参考:
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド - goo 映画
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド@映画生活

作品の評価:
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(試写会帰りに)
『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』(Sweet* Days** )
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(映画のメモ帳+α)

スポンサーサイト
スパイダーマン3をさっそく公開初日に観てきました。




今回は「ニューゴブリン」「サンドマン」「ヴェノム」と3人のモンスターを相手にすることになるのですが、いずれも、スパイダーマンのほうが「格上」で今回の敵は「自分自身」といった感じでしょうか?
スパイダーマンは本作も含めて3作とも、ピーターとMJのラブストーリーの側面もあるのですが、今回は、その色が前2作よりもより濃いような印象を受けましたし、ピーターとMJとのラブストーリーを軸に、「慢心」、「憎悪」、「葛藤」など心が揺れ動きながらピーターという一人の人間が成長していく過程を中心に描いているような気がしました。(個人的には「ブラック・スパイダーマン」もそれはそれでいいなと思いましたが・・・・。)そういう意味では、より人間っぽい「スパイダーマン」が観られたような気がしますが、強いモンスターとの死闘(ある種の爽快感)を期待していた面もあり、その点は物足りなさを感じました。

夕方の回でしたが、「映画の日」で普段より安く観られることもあって、お客さんは8割以上の入りでした。
興行的には、「作戦成功」と言ったところでしょうか?
バベルで例の「点滅騒動」があり、(体調を崩した方はお気の毒ですが)「怖いもの観たさ」を煽るような宣伝代わりの「話題作り」にもなったので、興行的にはいい勝負になるのではないでしょうか?
(「バベル」は前評判の割には個人的に評価があまりよくなかったので・・・・。)

参考:
スパイダーマン3(goo映画)
スパイダーマン3@映画生活

作品の評価:
『スパイダーマン3』(セガール気分で逢いましょう)
『スパイダーマン3』(Sweet* Days )

パンフレット 評価:★★★★(監督や出演者のインタビュー記事あり。副読本にお奨め)
価格600円 縦



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。