自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)
Recommended by 尼崎OSよ永遠なれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バベルを公開初日に観てきました。
話題性のある作品で、楽しみにしていましたが、私が行ったTOHOシネマズ川崎は2シアター制を取っているせいか、2割も入ってないガラガラの状態でした。おかげでゆったりと観られましたが、肝心の作品はストーリーが「つながっているようでつながってない」そんな印象を受け、モロッコとメキシコの貧困の風景だけが印象に残りました。



ストーリーはモロッコ、メキシコ、日本で同時進行していくのですが、何か無理矢理同じテーマで描こうとしてるのがあからさまでそれに抵抗感を感じ、それぞれのストーリーも何か中途半端に感じられました。
パンフレットを読んで、イニャリトゥ監督がどういう意図を持って、バベルを作ったのかは理解できましたが、この作品を観ただけで、私にはそのメッセージは伝わってきませんでした。イニャリトゥ監督の別の作品を事前に見ておけば、スッと入ってきたのかもしれませんが・・・・。DVDとかで別の作品を観てから、改めて、バベルを観てみたいとは思いました。
ただ、劇中で流れる音楽は非常に良く、特に坂本龍一の「美貌の青空」は劇中のシーンに非常にマッチしていました。

菊池凛子は体当たり的な演技で存在感を見せていましたが、「体当たり」の内容が強烈すぎるので、次回作で彼女の真価が問われると思います。ぜひがんばってもらいたいと思います。

参考:
バベル - goo 映画
バベル@映画生活

作品の評価:
『バベル』(セガール気分で逢いましょう)
バベル(Cinematheque)
映画「バベル」(試写会)感想(女でもグーで殴る)
『バベル』(Sweet* Days )
『バベル』(試写会帰りに)

パンフレット 評価:★★★★(監督や出演者のインタビュー記事あり。副読本にお奨め)
価格600円 横



スポンサーサイト
ロッキー・ザ・ファイナルを金曜日スタートという異例の初日にさっそく観てきました。
初日ということなのかもしれませんが、来場者に「ロッキー・ザ・ファイナル」のポスターがプレゼントされました。



ストーリーは単純明快ですが、ロッキーが語る一言一言には自ら放つ重いパンチのように重みを感じるし、特に、ロッキーシリーズを観ていれば、その一言一言には、説得力があります。
私みたいに単純な人間には、この作品を観るだけで、自分を奮い立たせる『栄養ドリンク』をもらったような気がしました。学生の頃、ロッキーをみて少しでも感動をもらった人にはお薦めですね。
義兄のポーリーやビル・コンティの音楽も作品の盛り上げに一役買っています。


現実的ではない派手な展開を期待していたので、正直、期待外れの面もなくはないですが、ロッキー・シリーズの第1作に原点回帰したと考えれば、納得できます。
個人的には、スタローン自身が区切りを付けるために作ったんだなというのを強く感じました。

そういえば、本作品が始まる前の予告編で「ランボー4」をやっていましたが、同じように「区切り」となるのでしょうか?

参考:
ロッキー・ザ・ファイナル - goo 映画
ロッキー・ザ・ファイナル@映画生活

作品の評価:
「ネバー・ギブアップ」。帰ってきたロッキーのスピリットに感動!(人生はお伽話もしくは映画のよう)
ロッキー・ザ・ファイナル(映画・DVD blog)

パンフレット 評価:★★★★(シルベスタ・スタローンのロングインタビュー記事あり、第1作から第5作までの「おさらい」も載っています。)
価格600円 縦



ようやくロードショー上映の最終日の最終回でゴーストライダーを観てきました。



スパイダーマンなど映画化された「マーベルコミック」シリーズらしく最初の肩慣らし的な「導入部」の意味合いの内容でした。あっと驚くようなストーリーや映像はなかったですが、最初なんでこんなもんかなといったところでしょう。
役作りのため減量するなどニコラス・ケイジも気合入りまくりなのが伝わってきて、彼の顔がっスカルフェイスのゴーストライダーっぽく見えてしまうくらいです。
次回作(あるかどうかはわかりませんが・・・)以降の展開に期待したいですが、ニコラス・ケイジはナショナル・トレジャーとゴーストライダー、どちらを取るのでしょうか?
個人的には、エヴァ・メンデスが非常によかったので、次回作以降もロクサーヌには、彼女をキャスティングしてもらいたいですね。

参考:
ゴーストライダー - goo 映画
ゴーストライダー@映画生活

作品の評価:
ゴーストライダー(映画鑑賞日記)
『ゴーストライダー』(試写会帰りに)

パンフレット 評価:★★★(ニコラスとエヴァのインタビューあり)
価格600円 縦


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。