自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)
Recommended by 尼崎OSよ永遠なれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜか上映期間、上映館とも少ないトランスポーター2をお台場のシネマメディアージュで観てきました。



前作同様、「そんなうまく行くか~?」みたいな場面が多々ありますが、度肝を抜くアクションとハイテンポのストーリー展開で観てる途中はそんなに気になりません。ちょっとB級映画チックな(キル・ビルっぽい)ノリも前作同様です。
渋い声のジェイスン・ステイサムのアクションも磨きがかかり、ますますカッコよくなってます。
前作「トランスポーター」を観ている人には、しゃれたオープニングにもニンマリできます。

パンフレット 評価:★★(写真少なめ。2箇所見開きページあり。)
価格600円 16ページ 縦



参考:
トランスポーター2@映画生活

作品の評価:
トランスポーター2 (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
トランスポーター2 (Rohi-ta_site.com)
トランスポーター2 (映画DVDレビュー色即是空日記+α)

スポンサーサイト
CMで観たくなってしまったインサイド・マンを公開初日に行ってきました。



観た感想ですが、「完全犯罪モノの作品」は「オーシャンズ11」のように鮮やかすぎて「痛快さ」を感じるものですが、観終わった後も釈然としない「何か」が残りました。
パンフを観ると、「新人脚本家」とありましたが、「やっぱりな!」と納得しました。
動機は? どうやって「ターゲット」を知った?
う~ん・・・。ストーリーに説得力がないんですね。

監督、キャスティング、題材と文句のないお膳立てはできていると思うのですが、脚本が台無しにしていると思います。唯一の救いは、デンゼル・ワシントンの軽妙な語り口でしょうか?

パンフレット 評価:★★★(写真豊富、出演者のインタビュー記事あり)
価格600円 20ページ 縦



参考:
インサイド・マン@映画生活
映画 『インサイド・マン』 特集 (goo映画)

作品の評価:
『インサイド・マン』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)

ポセイドン・アドベンチャー」をテレビで何度も観た世代として、リメイク版の「ポセイドン」がどこまで本家に迫れるか期待しつつ、川崎CINECITTAで観てきました。
ワールドカップ効果」もあってかガラガラで「大スクリーンに少人数」と気分良く観ることができました。



観おわった感想は本家と遜色ない出来だと思います
本家は「人間臭さ全開」のところがありましたが今回は「スケールの大きさ」が目立ちました。

ポセイドン号の転覆シーンなどはホント迫力がありました。
これはDVD等では味わえない大スクリーンだからこそ味わえるものだと思います。

ストーリーはポセイドンアドベンチャーを観ているだけに、実質『ネタバレ』の感はあり、新鮮味に欠けますが、映像の迫力を評価したいと思います。

パンフレット 評価:★★★★(出演者のインタビューあり、写真も割と多め)
価格600円 24ページ 縦



参考:
ポセイドン@映画生活

作品の評価:
ポセイドン (映画DVDレビュー色即是空日記+α)
ポセイドン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
『ポセイドン』2006・6・4に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。