自分が劇場で観た映画に関する話題を綴ったものです。簡単ですがパンフレットの書評もありますので、気軽に見にきてください。(地方競馬情報品質向上委員会別館)
Recommended by 尼崎OSよ永遠なれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「火の玉ボーイ」ヒューマン・トーチが飛び回る予告編が印象的だったのと、タイトルを聞いただけでワクワクしたファンタスティック・フォーを初日の9/17に観てきました。




個人的には、「チャーリーとチョコレート工場」を見た後だけに、どこまで肉薄できるが焦点でした。

観終わった直後はMr.ファンタスティック(=リーダー)が地味だなあという感想で、ヒューマン・トーチやインビジブル・ウーマン、敵のDr.ドゥームが存在感を示していたように思いました。
こういった構図はまさにスパイダーマンの第1作目と同じで、Mr.ファンタスティックのような一見地味なキャラクターがPart2、Part3で徐々に覚醒していくのでしょう。
「ファンタスティック・フォー」は「スパイダーマン」「バットマン」同様有名なアメリカン・コミックであり、最初からPart2、Part3ありきで作っているように見受けられましたので、作品としては、「出し惜しみ」した感は否めず、4人の能力の片鱗を見せた程度で、敵の強さもほどほど(あきれるほどのしつこさがない)で物足りなさを感じました。
予告編でも観たヒューマン・トーチが追尾型のミサイルを誘導するために飛び回るシーンが一番「目玉」だったような気がします。(音が揺れてたので、迫力がありました。)

実際、次回作があるかどうかはわかりませんが、デアデビルのエレクトラのように、インビジブル・ウーマンが主役のスピンアウトムービーができるかもしれませんね。

参考:
Fantastic Four Official Site(English)
ファンタスティック・フォー@映画生活

作品の評価:
ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] 06年52本目 (猫姫じゃ)


スポンサーサイト
かなり期待していた「チャーリーとチョコレート工場」ですが、混雑を避けて、平日の昨日シネマメディアージュで観てきました。




公式サイトでは「世界一オカシな工場見学へ」とありましたが、「工場見学」を終えた感想は、素直に楽しめた「工場見学」でした。

子供っぽい、幼稚という向きもあるかもしれませんが、わかりやすくて、肩がこらずに、大人も楽しめる作品になっていると思います。

ジョニー・デップ扮する中性的なキャラクター・ウィリー・ウォンカや招待された5人のうち最も子供らしい子供だったフレディ・ハイモア扮するチャーリーもよかったですが、作品でなんとも一番印象的だったのは、ウォンカやチャーリー達を喰う勢いのウンパ・ルンパたちです。彼らがいなければここまで面白い作品になったかどうかはわからないと思います。

個人的には、ひっそりと出ていた「ドゥークー伯爵」もいい味出してよかったと思います。

なにはともあれ、工場見学を純粋に楽しんだチャーリーのように、純粋に楽しんで観た人がハッピーになれる映画だと思います。

参考:
チャーリーとチョコレート工場@映画生活

9月10日はジョニー・デップの「チャーリーとチョコレート工場」の初日でしたが、予告編を見て、コアな映画っぽく、上映期間も短そうな「銀河ヒッチハイク・ガイド」を見てきました。
TOHO CINEMAS川崎では、通常料金でプレミアシート上映していたので、そこにも惹かれましたが・・・。




冒頭の「イルカの唄」でこの作品が「おバカSF映画」だと印象付けられ、「これはエラい映画を選択してしまった・・・。」と「チャーリーとチョコレート工場」を選択しなかった自分を責めようとしましたが、ストーリー展開(脚本)が意外にしっかりしているので、「おバカSFワールド」にどっぷりハマることができました。(原作がしっかりしているからこそかもしれませんが・・・。)

パンフレットが1000円と「亡国のイージス」同様に高かったのはいただけないですが、B級SF映画と割り切れば、面白い作品だと思います。(逆にB級SF映画と割り切って観ることがこの映画の攻略法だと思います。)

参考:
銀河ヒッチハイク・ガイド@映画生活



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。